お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 制度・行政情報
  4. 行政からのお知らせ
  5. 【情報提供】(行政情報)職域接種の要望確認について(アンケート:1次締切6/4、2次締切6/11)
行政からのお知らせ

2021.06.01
【情報提供】(行政情報)職域接種の要望確認について(アンケート:1次締切6/4、2次締切6/11)

厚生労働省(健康局)より、職域接種の要望確認が参りました。

 

下記を確認いただき、希望する法人等は、別添アンケート様式に記載のうえ、直接、厚生労働省健康局予防接種室宛ての回答をお願い致します。

・厚生労働省 健康局予防接種室
   電話:03-6812-7811 E-MAIL:yoboseshu@mhlw.go.jp

以下、要旨です。

-------------------

自治体が行うファイザーワクチンを活用した接種ルートに加えて、今後、モデルナワクチンを活用した職域接種を並行して実施することとしています。その際、優先接種は維持しつつ(※)、職場でのワクチン接種を進めようとしております。

この度、各省庁から所管業界の企業に対して、職域接種が可能になったら、自社で実施する意向があるかどうかという意向調査を行うこととなりました(必要ワクチン数を見込むため)。

※職域での接種においても、高齢者や基礎疾患のある人等から接種するものであり、自治体が行う接種に影響が生じないよう、産業医など接種の担い手や接種会場を、企業自身が確保することを求める方針。

つきましては、希望する法人等がありましたら、別添アンケート様式に記載いただき、直接予防接種室宛て回答いだけますようお願いします。 主な留意点は以下のとおりです。

○ 自社で医療従事者等の人員・接種会場等を確保できること
○ 介護分野に関して言えば、「高齢者施設等の従事者」が、基礎疾患を有する者等とともに高齢者の次の接種順位に位置づけられており、基本的には自治体の接種ルートでの接種を求めるもの。

※ 高齢者の次の接種順位には、高齢者への接種の完了を待つ必要はなく、自治体において高齢者の接種状況や予約の空き状況を踏まえ、順次、次の順位への接種を進めること、

この際、先行予約期間の設定などにより、基礎疾患を有する者や高齢者施設等の従事者等が優先的に接種できる機会を設けることを各自治体宛周知済(令和3年4月21日、5月21日、5月28日付事務連絡)。

※ なお、すでに高齢者と同時接種の特例の対象となっている従事者は、対象外となっております。

○ ただし、「高齢者施設等の従事者」に該当せず、また、自治体の判断によって「高齢者施設等の従事者」に含めて優先接種の対象になる在宅サービス従事者にも該当しない介護従事者が一定程度いることから、今回、当該者に対して職域接種の機会を提供するもの。

実際実施を希望する法人等は、医療資源等が十分なところになることが予想されますが、体制が確保でき、希望がある法人等はアンケートに回答いただくようお願いします。〆切、提出先等は以下のとおりです。 

<〆切>
■ 一次〆切:6月 4日(金)10時
■ 二次〆切:6月11日(金)10時

 <提出先・問い合わせ先>
・厚生労働省 健康局予防接種室
   電話:03-6812-7811 E-MAIL:yoboseshu@mhlw.go.jp

PAGE TOP