トピックス&ニュース

経済産業省による「将来の介護需給に対する高齢者ケアシステムに関する研究会」報告について

 経済産業省から、標題の報告書が公表されましたので、お知らせします。
本報告書では、団塊の世代が85歳(85歳以上では要介護(要支援)者が6割を占める)を超える2035年を目途に、将来見込まれる介護人材不足の解消・軽減に向け、

(1)
介護予防の観点からの社会参加の促進に向けた方策
(2)
介護分野における人材確保力の強化に向けた方策

の2つの視点から提言をまとめています。